ようこそ登録文化財へ 寺西家阿倍野 長屋・町家
築70年の長屋・町家を再生して、嬉しかったこと! *寿命ある建物を壊して、ゴミにしてしまわなかったこと *建築家、宮大工、恩師や友人、近隣の人達との和のつながりができたこと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺西家の長屋と町家の立地
1、寺西家の長屋と町家の立地(大阪市阿倍野区)

(1)戦前の阪南土地区画整理の事業区域

 寺西家の長屋と町家がある地区は、大正12年に設立した阪南土地区画整理組合が行った阪南土地区画整理の区域内にあり、昭和6年に換地処分が完了し、事業が終了している。
その翌年の昭和7年に建てられた長屋は、水道だけでなく都市ガスが供給され、各戸にガス風呂が設置されており、その時代の先端の住宅地に建てられたといえよう。             
                       
(2)現在は、密集住宅市街地で建替奨励地域

建設時から約80年経った現在では、この地域は、密集住宅市街地に指定されており、特に昭和25年以前に建築された木造住宅を除却する場合、老朽住宅として大阪市から解体費用が補助される。又、長屋を住宅に建て替える場合、大阪市から補助があり、建て替えを推進すべき地域に該当している。

(3)地下鉄御堂筋線 昭和町駅近の裏通り

この立地の特徴は、何といっても駅に近いということがあげられる。大阪市の中央を背骨のように貫いている地下鉄御堂筋線の昭和町駅の出口から1分という立地にある。しかし、長屋の面する道は、町家をはさんで3.6mの幅員しかなく、私道となっている。

阪南土地区画
<大阪市 阪南土地区画整理の前後>


2.寺西家の長屋と町家等の建築時期と概要

 町家  大正15年建築  1棟    木造瓦葺2階建て 建築面積 102㎡
 長屋  昭和 7年建築  1棟4軒  木造瓦葺2階建て、建築面積 201㎡
  蔵  昭和10年建築  1棟    木造瓦葺2階建て 建築面積  18㎡


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://teranishikouiti.blog80.fc2.com/tb.php/5-d3412724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/05 09:22)

大阪市阿倍野区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
[2013/12/05 09:22] ケノーベル エージェント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。