ようこそ登録文化財へ 寺西家阿倍野 長屋・町家
築70年の長屋・町家を再生して、嬉しかったこと! *寿命ある建物を壊して、ゴミにしてしまわなかったこと *建築家、宮大工、恩師や友人、近隣の人達との和のつながりができたこと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回 平成25年(2012)4月29日(昭和の日)
 毎年、拡大を続けてきたお祭りで、今回もメイン会場の桃ケ池公園では、文の里中学校・吹奏楽部のオープニングに始まり、夢舞ingなどの地域団体の演技、日本を代表する明浄学院高等学校・吹奏楽部の演奏、恒例となった人気のプロレスリングやザ・たこさんなどに加え、昨年、他界された桑野正博氏の追悼ライブがご子息の美勇士によって行われました。
8kaiphoto1.jpg
第8回 桑名正博追悼ライブの美勇士

また、地域に根差した魅力的な店や街づくり団体などが、創意工夫し、私たちの生活や地域の魅力向上のためにバイローカルとして桃ケ池公園の南側で行い、好評をはくしました。
桃山学院では、昨年につづき、生徒やOBの方々の演奏に加え、グレース幼稚園のお母さんコーラスが加わり地域とのつながりを深めました。そして温井校長先生も卒業生のライブに加わり、舞台が一体となった演奏が楽しめました。
8kaiphoto2.jpg
第8回 温井校長先生とオトナリ

阪南中公園と苗代小学校では、「昭和の遊び広場」として、昔遊び、工作あそび、駄菓子屋さんダンボール遊園地などがあり、ミニステージでのライブなどでは、天王寺高校や阿倍野高校の生徒さんたちの企画段階からの協力がより楽しいものにしてくれました。
8kaiphpoto3.jpg
第8回 阪南中公園 工作あそび

寺西家では、料理研究家の程一彦氏の講演会と最後の宮大工といわれた西岡常一棟梁についての映画と講演がなされました。
また、その他でもグレース幼稚園では、人形劇団クラルテによる「人形劇かさじろう」が上演され、尼崎信用金庫昭和町店で「世界の貯金箱店」、sutadio mignonでは、「お金の寺子屋」、田辺うたごえ喫茶が桃ケ池公園市民活動センターで行われるなど・・・・多彩な催しがされました。
そして、昭和文化隊は、姉妹屋の衣装協力、月のゴンドラ歌劇団やマリオネット・ラブリーの協力のもと昭和の衣装で文の里商店街などでパフォーマンスをし、道行く人たちの目を楽しませました。



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://teranishikouiti.blog80.fc2.com/tb.php/21-c742af07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。