ようこそ登録文化財へ 寺西家阿倍野 長屋・町家
築70年の長屋・町家を再生して、嬉しかったこと! *寿命ある建物を壊して、ゴミにしてしまわなかったこと *建築家、宮大工、恩師や友人、近隣の人達との和のつながりができたこと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【どっぷり昭和町】活動経過 第7回 平成24年(2012)4月29日
【どっぷり昭和町】活動経過

第7回 平成24年(2012)4月29日

 大きな飛躍の年となった。
毎年、拡大を続けるなかで、新たに会場が桃山学院のご厚意でカンタベリーホールを提供していただけ「昭和町音楽祭」が開催できた。そのことで苗代小学校の講堂で児童等を対象とした「ダンボール遊園地」が開催でき、大好評であった。
又、昼間だけでなく、夕方からも地域で楽しんでいただこうと、初めて「昭和町バル」が開催され、当日、飲食店の前には長い行列ができた。
ダンスグループ
第6回 桃ケ池公園で地元のダンスグループ夢舞ing

昨年に続き、桃ケ池公園では、オープニングセレモニーが行われ、明浄学院の吹奏楽演奏、ゆるキャラ10体の集合で子供達の楽しい笑い声、恒例のプロレスの他、美勇士、来島けんじ等のライブなどを楽しんだ。その周囲では、昭和写真展、手づくりクラフト展、物産展を見て、買って、食べて楽しみ、大道芸やマジック等の芸に拍手を送り、投げ銭がなされた。           
クロスオーバー歌手
クロスオーバー歌手 小川響子(桃山学院)

桃山学院での「昭和町音楽祭」では、夢舞ingなど地域の団体、桃山学院から吹奏楽、ギタークラブ、聖歌隊の演奏があり、学校が地域に開放された姿であった。又、桃山学院の卒業生でクロスオーバー歌手の小川響子氏がニューヨークから特別参加、中国から菫金明氏が二胡の演奏、シャンソン歌手の奥田真祐美氏、三田裕子氏などプロのライブに喝采をおくった。

 阪南中公園での「昭和のあそび広場」は、阿倍野高校音楽部も参加し、昔遊びやステージショーなどで子どもから、大人まで楽しんでもらえた。
 苗代小学校の「ダンボール遊園地」では、巨大迷路、新聞プール等で小学生たちが、講堂せましと遊び回って楽しんだ。
ダンボール迷路
ダンボール巨大迷路(苗代小学校)

 寺西家では、伝統料理研究家の奥村彪生の講演会、写真による「昭和のくらし・戦争体験を超えて」が井原昌子氏の想いが大阪府立大学中村治教授の進行で語られた。そして、まち歩き探検隊が、大阪市立大学赤崎弘平元教授の「昭和のまちができたわけ」を学んだ。

昭和の日記事
4月28日毎日新聞に掲載された記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://teranishikouiti.blog80.fc2.com/tb.php/18-76677e01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。