ようこそ登録文化財へ 寺西家阿倍野 長屋・町家
築70年の長屋・町家を再生して、嬉しかったこと! *寿命ある建物を壊して、ゴミにしてしまわなかったこと *建築家、宮大工、恩師や友人、近隣の人達との和のつながりができたこと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【どっぷり昭和町】活動経過 第4回 平成21年(2009)4月29日
【どっぷり昭和町】活動経過

第4回 平成21年(2009)4月29日

・会場を長屋の「点」から「線」さらに「面」にと阿倍野区全域を目指して会場が16にまで拡大した。

・そして寺西家阿倍野長屋、四軒の二階両サイドにスピーカー設置し、その間の二軒の二階を舞台にし、私道から見上げて観る形式にした。それは、アートである長屋をよりよく見てもらう目的とアーティストが中に存在することにより長屋の窓枠が額縁になり、アート作品の完成と長屋が町中に発信するスピーカーとなり、まちのモニュメント化を狙ったものである。

・そこでは、日本の伝統芸能である能(阿倍野の能舞台で活躍する山中雅志)、雅楽(天地雅楽)、日本舞踊をはじめ、中国人による二胡(薫金明(ドンジンミン))、ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロによるカルテット、ボサノバ、小西康晴によるDJ、ちんどん屋(ちんどん通信社)、ロックンタスケロール&ザキャプテンスィングなどあらゆるジャンルの伝統文化と現代文化との融合が図られたものであった。そして伝統文化の継承のキッカケとしてのパフォーマンスも紹介された。

・講演会では、井上理津子氏の「はじまりは大阪にあり」が講演され、それにちなんで昭和時代から活躍している企業のブースとしてグリコ、オルファカッターなどが、展示された。

・戦災を免れた阿倍野地域に残る「阿倍野の長屋町歩き」が、大学の教授達のリードのもとに行われ、我がまち発見いうことで、参加者から大いに喜ばれた。

・マンション建設予定地でのリサイクルマーケットの出店などもあり、大きく輪が拡がったといえる。
・又、「どっぷり昭和町」の前夜祭として、前日には、二胡の演奏会「二胡と中国茶の夕べ」が、南京大学海外教育学院招聘老師で中国音楽家協会の薫金明(ドンジンミン)氏により、町家で開催され、日中友好にも大きな役割を果たした。

・まちづくりの面では、私道上に200台を越す山積みの放置自転車があったが、「どっぷり昭和町」をきっかけに行政や警察の支援があり、花のある通りに生まれ変わった。このことを通じて町内会などと連携し、地域ぐるみで街を育てる機運が生まれつつある

山中能
第4回  地域での伝統芸 山中能

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://teranishikouiti.blog80.fc2.com/tb.php/15-621e4500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。