ようこそ登録文化財へ 寺西家阿倍野 長屋・町家
築70年の長屋・町家を再生して、嬉しかったこと! *寿命ある建物を壊して、ゴミにしてしまわなかったこと *建築家、宮大工、恩師や友人、近隣の人達との和のつながりができたこと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【どっぷり昭和町】活動経過 第3回 平成20年(2008)4月29日
【どっぷり昭和町】活動経過

第3回 平成20年(2008)4月29日

・会場を長屋周辺から更に150m北上した小学校の講堂及び近くの児童公園をお借りして「点」から「線」拡げた。又、地元で活躍の関西で一番古く長い歴史の落語会を主宰している「田辺寄席世話人会」の協力を得て、落語家15人による前代未聞の大落語会が(桂文太、笑福亭呂竹、りんりん亭りん吉、笑福亭たま、桂米左、桂春駒、桂佐ん吉、笑福亭生喬、桂あやめ、林家染太、笑福亭仁昇、桂雀松、桂ちょうば、桂染左、菊池まどか〈浪曲〉)が、小学校と町家で開催された。

・そして、ライヴでは、(田中邦和jazz torio aka東京スカパラダイスオーケストラ、ドーベルマン、TATSUMI AKIRA and the LIMES、ぶっきら兄弟、ロックンタスケロール&ザキャプテンスゥイング、花岡献治aka憂歌団)の若者達が演奏され、多くの若者が集まった。
・児童公園では、「昭和あそび広場」として紙芝居、飴細工、切り絵などお年寄りや若者が子供達に昔の遊びを伝え、お年寄りや若者達と子供達との間に地域の和がつくられた。

・一方、学生達によるまちづくり研究の展示や伝統野菜の展示など多彩な催しがあった。

・昔懐かしいちんどん屋風に演奏しながら行進(ぶっきら兄弟、ロックンタスケロール&ザキャプテンスィング)なども昨年に続き行われた。

どっぷり昭和長屋
第3回 長屋の2階が舞台で通りに出店


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://teranishikouiti.blog80.fc2.com/tb.php/14-e14f8f2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。